モザイクエンペラーのブログ

世界平和とギャグ。

食料廃棄だけ食べて1週間生活します

こんにちは!

世界平和を目指す大学生、モザイクエンペラーです!

 

タイトルを見た時点でみなさんいろいろと突っ込みたいだろうことと思いますので、

Q&A方式で説明していきます。

 

 

 

 

Q

なんで食料廃棄を食べるの?あほなの?

 

A

あほではありません。

私が今回食べるものは、すべて賞味期限が切れていないものです。

 

日本ではまだ食べられる、賞味期限が切れていない食べ物が632万トン捨てられています。

そして今回食べるのは、それらのうち330万トンを占める事業系のものの一部です。

ちなみに飲み物もあるのですが、今回は飲み物はもらわず自分の家の水道水とします。

飲み物までもらうと、持って帰るとき重たすぎて泣いちゃうからです。

 

 

 

Q

どこから食料をもらうの?ごみ箱から盗むの?

 

A

盗みません。フードバンク「セカンドハーベスト名古屋」からもらいます。

 

フードバンクとは、

様々な理由で捨てられてしまう食品を集めて、生活困窮者や被災者などに配る団体です。

賞味期限切れの食品は一切なく、パッケージ変更や発注ミスなど品質には何ら問題ない食品を扱っています。

 

 

 

Q

海外ではゴミダイバーという人たちがいて、スーパーなどのゴミ箱からまだ食べられる食べ物を持っていく場合があるようですね。それはやらないのですか?

 

A

やりません。

大きな理由としては、「多くの人がそうしたらシステムが崩壊するから」です。

 

多くの人がゴミダイビングしだしたら、お金を払っている人は「自分は損をしている」と感じるし、

みんながお金を払わずにゴミ箱から食べ物を拾おうとしたらお店はつぶれてしまいます。

 

ですので、多くの人に「ゴミダイビング、しよ?すっごく、いいの…」とは言えません。

あと、勧めたところで日本人はあんまりやりたがらないと思います。

 

あ、あとゴミダイビングはたぶん違法です。

 

 

ゴミダイビングを一時的なパフォーマンスとして行うなら価値があるかもしれません。

 

①この大量廃棄社会を変えるための戦略を示す

②期間や回数を決めてゴミダイビングを行い、結果を公表する

③ゴミダイビングの結果で注目を集めて、大量廃棄社会を変えるための協力者や資金などを得る

こんな感じで活動を進める必要があるでしょう。

 

(とはいえリスクが大きいうえ、気を付けなければいけないことがたくさんあるのでお勧めしません、あとたぶん違法です)

 

 

今回私がフードバンクの広報を選んだのは、

フードバンクというものが浸透していくぶんには、既存のシステムが崩壊することはないと思ったからです。

(日本より浸透している国がいくつかありますが、システムの崩壊はみられていません)

 

 

 

Q

なんでそんなことするの?目立ちたいの?

 

A

それは否めません。私は自己顕示欲がすごいです。

 

日本ではまだ食べられる食料が632万トン捨てられていること、

フードバンクの食料は品質的に全く問題なく、受け取った人がきちんとした食生活を送るための大きな助けになることを示すために行います。

ですので、ぜひぜひ記事をシェアしてください。

 

フードバンクに興味を持った方はこちらをご覧ください。

認定NPO法人セカンドハーベスト名古屋 〜東海地方最大のフードバンク〜

 

個人の方からも、賞味期限に余裕がある食料やお金の寄付を集めています。

(特に不足しているのは米です)

 

 

 

Q

じゃあ僕も食料ほしい。

 

A

個人の方がセカンドハーベスト名古屋に直接連絡して食料を分けてもらうことはできません。

(フードバンクによって異なりますので、ホームページなどを参照してください。)

 

食費の確保が難しくて困っている方は、市の社会福祉協議会や各種相談窓口に相談してください。

そちらの職員の方が必要に応じて、フードバンクの食料の受け取りやそのほかのサポートの手配をしてくれます。

 

 

 7/25月から始めます!

結果はまた後日Twitterや、このブログでお知らせします!

ではまたオスマントルコ

 

 

関連記事

 

 ルンバに募金箱つけて大学で放つぞ

www.opantuemperor.net

世界平和的ぼっち鍋!

www.opantuemperor.net

 男が上と思っている「じじいのきもち」

www.esperantozenmondou.net

<