モザイクエンペラーのブログ

世界平和とギャグ。

ルンバに募金箱つけて大学で放つぞ(7/4月)

こんにちは、世界平和を目指す大学生、モザイクエンペラーです。

生活保護について知るため、

3歳児がいるシングルマザーとして生保受給した設定で、一か月生活していたころの写真↓

f:id:opantuemperor:20160630100954j:plain

ただし3歳児はいないので、かわりに毎日ルンバを連れて歩いていました。

ルンバと動物園に来た時の写真。(そのへんにいたカップルに撮影してもらった)

さて、先日ごはん屋さん密集地帯の前で、私は一人でごはん屋さんを物色していました。

すると、知らない男性に「よかったら一緒に食べませんか?」と言われました。

街角でナンパするより、「一人いるのが恥ずかしい」という需要が存在する場所でナンパする方が高確率でOKしてもらえることでしょう。上手い手です。

ご飯を食べている間、少なくとも30分はしゃべることができます。その間に説得してこの女はいけそうだと思えば、お会計の時におごってしまえばいいのです。

おごられた人は「お返しをしなければ」という気持ちが働くので、そのあと自分の要求を受け入れやすくなります。そうすれば、きっと受け入れてくれるでしょう(意味深)。本当に上手い手ですね。

しかし私は学食、焼き肉、ラーメン、あいりん地区、インド、すべて一人でこなすスーパーロンリー大学生です。一人飯なんて屁でもないのです。

(インドに一人で行った結果は酷かったですけどね)

「女一人でインドに行ったら襲われた」

http://www.esperantozenmondou.net/entry/2016/06/30/170344

ですので私はお断りしたのですが、彼はとても有益な大原則を教えてくれました。

需要がある場所を探し出せば、高確率で自分の望むことを人にさせられるのです。

で、その大原則は完全に無視して、私は人に私の望むことをさせようと思います。

イベント予告

このたび、私は

7/4月にルンバに募金箱をつけて、名古屋大学内に放とうと思います。

一応お散歩ひもみたいなやつもつけておきます。

ルンバが講義中の教室に侵入して、教授に怒られたら悲しいからです。

募金は昼から夕方まで全学教育棟を中心に行います。

動き回るルンバを中腰で追いかけて募金を入れていただければ嬉しいです。

休み時間直後と講義直前のの混雑時間帯ははじっこでルンバを抱きかかえて待機する予定です。

現在地などについてはTwitter(モザイクエンペラー)をご覧ください。

(アカウントを持っていない方でもツイートは見られます)

twitter.com

目的

なぜこんなことをするかというと、私は募金を集めたいのです。

でも、募金をあげたい人はそんなにいません。そんな都合のいい需要はないのです。

そこで、面白いという要素があれば、募金をしたいという需要をひねり出せるのではないかと思いました。

(ちなみに犬がかわいいという感情から募金の需要をひねり出している募金はよく駅前で見かけますね。真顔。)

街頭募金はお金を集めるだけではなく、広報活動をするチャンスです。

だから街頭募金をするときは広報を頑張らないといけません。

お金を集めるだけなら、下手すると街頭に立つ時間の分、アルバイトしてお金を寄付した方が効率的にお金を集められるからです。

ルンバを連れていれば目立つし、その状態でビラを配れば高確率で受け取ってもらえるのでばっちりです。

募金先の団体

募金先の団体は「セカンドハーベスト名古屋」というフードバンクです。

http://www.2h-nagoya.org/

フードバンクは様々な理由で捨てられてしまう食品を集めて、生活困窮者や被災者などに配る団体です。

賞味期限切れの食品は一切なく、パッケージ変更や発注ミスなど、品質には何ら問題ない食品を扱っています。

これらを配ることによって食料廃棄が減り、さらに困窮者支援に使われていた税金などのお金が節約できます。

フードバンクは企業から食品を譲り受ける時も、食品を配布するときも、無償で行っています。

そのために事務所や倉庫の家賃などは寄付でまかなう必要があるのです。

フードバンクはお金の寄付、食品の寄付、時間の寄付(ボランティア)を募集しています。

特に米が足りないので、米の寄付は大歓迎です。(詳しくはホームページへ)

ボランティアには大学生もいますが、基本的におじいちゃんおばあちゃんが多いので、若い人が行くと高確率でちやほやされます。

ちやほやされて社会貢献活動もできる場とは、どれだけ承認欲求満たせるんだってかんじですね。

私が「ルンバにくっつけた募金箱で集めたお金を寄付してブログにのせてもいいですか?」と聞いてみたところ、

間髪入れず「ぜひ」と言ってくれた心の広い団体です。

クリアな募金にするための工夫

募金金額はもらったらその場でホワイトボードに書き、合計額がみなさんにリアルタイムで分かるようにします。

また、実際に募金する様子はTwitterやブログに載せます。

これは、募金をちょろまかすことができるタイミングは

①集まった募金を集計するとき

②そのお金を実際に使うとき

だけなので、①の保証をするためにリアルタイムで合計額をお知らせし、

②の保証をするために募金受け渡しの様子を報告します。

 

これ以上の保証のやり方が私にはわからないので、いい案がある人がいたら教えてください。

次回は

フードバンクで扱う食品が安全なものだということを示すために、

廃棄予定だった食料だけを食べて生活するという企画をやってみたいので、

団体に交渉します。

(→許可もらえました。やります。)

セカンドハーベスト名古屋ホームページ

http://www.2h-nagoya.org/

名城公園駅の近くで、平日朝から夕方のうちそれぞれが都合のいい時間にボランティアします

月1回、土曜日にも活動紹介をしています

(イベントのさいは日曜日なども)

結果・ルンバに募金箱つけて大学で放った↓

www.opantuemperor.net

名大でダンボールハウス建ててホームレス生活しました↓

www.opantuemperor.net

バレンタインにチョコに恵まれない方のための募金をしました↓

一ヶ月間3歳児がいるシングルマザーとして生活します!↓

www.opantuemperor.net

ボランティアは偽善と言う奴、今すぐ黙れ↓

www.esperantozenmondou.net

<