モザイクエンペラーのブログ

世界平和とギャグ。

名大でダンボールハウス建ててホームレス生活したら撤去されました

こんにちは、検閲により削除emperorです。

 

※現在はモザイクエンペラーを名乗っている

 

 名古屋大学、図書館前の芝生で
段ボールハウスを立ててホームレス生活をしていました。
f:id:opantuemperor:20160420003753j:image
 
2泊3日の予定だったのですが1泊2日の時点で
撤去してくださいという張り紙をされてしまいました。
f:id:opantuemperor:20160420003326j:image
話し合いのすえ、撤去しました。
f:id:opantuemperor:20160420003720j:image
撤去を手伝ってくれたみなさん、
本当にありがとうございました。
一人でやってたら夜中までかかって結果的にもう一泊して2泊3日を達成するところでした。
 
 
今回のホームレス企画は
 
「景観を多少損ねる、警備員さんに注意されるなどのデメリット」よりも
 
「ホームレスについてのブログを読んでもらうことで偏見を減らす・実際にホームレス生活を体験するなどのメリット」
がとても大きいと判断したため行いました。
公務員になったりする人が多くいる名古屋大学で、ホームレスについて知ってもらうことはとても意味があると思ったからです。
 
企画詳細↓
 
 
しかし自分の検閲により削除emperorというふざけた名前や
準備不足であまり企画の意図を理解してもらえておらず
ふざけているだけのウェイ大生集団だと思われてしまいました。
 
 
検閲により削除emperorは個人ですし、
ウェイどころか学校で浮いてたことしかありません。
 
 
 
私が特に読んでもらいたかった
『どうして「ホームレスは自業自得」なのか』の記事も↓
あまり読まれていませんでした。
なぜかというと
主要なツイートにリンクを貼れていなかったからです。
 
あほとしか言えません。
 
 
 
また、今回段ボールハウスを注意されるとしたら
警備員さんに口頭でどかしてくださいと言われる程度の事だと予想していたのですが
 
大学の職員の方は
とても遠くから図書館前に作られた段ボールハウスに対し足を運び
各所に無許可である確認をした上で「撤去してください」というビラを貼り
「できたら話し合いさせて下さい」というこちらのお願いもきいてもらいました。
 
話し合いでは
「ホームレスについて取り組みたいからと言って本当にやってしまうのは人としてどうかと思う。大学はそういう場所ではない」と言われました。
 
 
現実のホームレス生活を再現するためには、
家を撤去するなら今度はダンボールハウスではなく野宿をしなければならず
野宿よりダンボールハウスの方が安全なためできればダンボールハウスがある方がいいとも主張しましたが、
「おうちに帰ってください」とだけ言われました。
 
 
 
職員の方は自分のパソコンの検索履歴に私の名前「検閲により削除emperor」を残し
 
私のブログ全ての記事である26記事、
約3万文字を読んでくれて
「あなたのブログは遊びですよね」と言わせてしまったようなので
私の文章力のなさも反省しています。
真面目記事もあるので。
 
(もし1つ2つの記事だけを見て遊び呼ばわりしているのだったら遊びだという評価は不当だと思うのですが)
 
 
ホームレス生活の体験としては一泊して空き缶拾いと洗濯ができたものの
こちらの想定以上の大きな迷惑をかけた上
ホームレスについての広報もあまりできていないため
今回の企画は自分としても反省点がとても多いです。
 
 
 
 
しかし私は真面目にホームレスの問題について取り組んでいるので
反省点を踏まえた上で
今後もホームレスや世界平和に関わるブログや活動を行っていこうと思っています。
 
 
 
もしそれが本当に避けられないことならば私は人に迷惑をかけるリスクを認識した上で主張をするかもしれません。
例えばこの先ホームレス支援NPOのさまざまな寄付や助成金がさらに減り、
ホームレスになる前に頼るであろう生活保護の基準がどんどん厳しくなって、
いまより大量の餓死凍死者がでることとなった場合
私は今回以上の迷惑をかけたとしても効果的であるならおおがかりな主張を行います。
 
 
今は他になるべく迷惑をかけない効果的な広報の仕方がないかを考えてみます。
 
 
ではまた。
 
 
名大でダンボールハウス建ててホームレス生活しました!
 
 
どうして「ホームレスは自業自得」なのか
<